スタッフ全員が「ピアノ調律師」のピアノ専門店です。

年末年始休業のお知らせ

2019年12月29日(日)~2020年1月5日(日)休業させて頂きます。
タッチ調整から外装塗装、部品交換など、さまざまな修理を行っております。

「雑音が出る」 「音が出にくい」 「弾きにくい」 

「音の強弱が上手く出来ない」 「曲の表現力が乏しい」 「リズム感が悪い」

「音色を変えたい」 「タッチを良くしたい」

様々なお悩みをお持ちの方、調整や修理で解消出来る事も御座いますので、ご相談下さい。

お見積無料!
(東海3県弊社出張エリアに限ります)

◆調整・修理の必要性◆
ピアノは毎年の調律だけではなく、精密に内部調整をしていく必要があります。
演奏したり、気温や湿度の影響で、音が狂うのと同時に内部部品の調整も少しずつずれています。
調整が不十分だったり、修理が必要なピアノでの練習は、おかしな演奏癖を付けてしまったり、演奏者の上達を妨げたり、可能性を埋もれさせてしまいます。


ピアノの内部には、湿度・温度の影響を受けたり、消耗する部品が多数有ります。
ピアノを弾くたびに、内部では瞬間的に激しくすばやい運動が繰り返されています。
この運動の繰り返しにより、内部の特に精巧に出来ているアクション部は一瞬のうちに強い力が加わり、時間と共に磨耗していく部分が多く有ります。

代表的なものは、各フレンジ、鍵盤のブッシングクロス、ハンマーフェルト、皮革、弦など。
使用時間にほぼ比例して消耗または、疲労していきます。

タッチや音色の変化に気付かずに、演奏している事も良く有ります。
修理や調整することで弾きやすく、美しい音色で演奏を楽しむ事が出来ます。

ピアノ内部の金属部品の錆びやフェルト部品の虫食いなどの発生を避ける為、
定期点検も兼ねて 「ピアノ調律」 を行うことをおすすめします。



修理お問合せ・見積

ピアノ修理のお見積はこちらから
お問合せフォーム

フォームより送信後、数分内に送信内容確認メールが自動送信されます。
自動送信メール到着後、一週間経過しても弊社から連絡が無い場合は通信トラブルが発生している可能性が御座います。
お手数ですが、再度フォームから送信か、お電話にてご連絡を頂きます様お願い致します。

お急ぎの方はお電話にてご連絡下さい!
フリーダイヤル:0120-87-2188



ピアノ修理の流れ

1 お見積申込

お問合せフォーム、または電話にてお申込下さい

2 訪問見積

ピアノを点検致します(東海3県弊社営業エリアに限ります)

3 お申込

メール、または電話にてお申込下さい
修理日程の打合せ

4 お引取

修理部品をお預かり訪問
弊社工房にて作業

5 納品

日程打合せの上、納品

6 お支払

お支払方法

  • 現金集金 納品時ご集金
  • 銀行振込 振込手数料はお客様ご負担となります
Tags:

お問合せ

お問合せはお問合せフォーム
またはフリーダイヤル0120-87-2188まで